ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーとは、ウォーターボトルを専用サーバーにセットするだけで自動的に給水し、いつでも冷たいお水や、温かいお湯が飲める機器のことをいいます。

昔は会社や公共機関などで見かけることの多かったウォーターサーバーですが、 近年では健康ブームによる水の重要性が明らかになり、幅広い層の家庭で活用されています。

ウォーターサーバーの最大の魅力は、衛生的、かつ安全性の高い美味しいお水がいつでも簡単・手軽に楽しめるところにあります。

家庭で大活躍のウォーターサーバー

一昔前までは、ウォーターサーバーといえば会社や公共機関、各施設などに設置されるものというイメージでした。

しかし、最近ではいつでもすぐに美味しい冷水・温水が楽しめることや、健康意識の高まりによる水の需要の増加により、小さなお子さんや高齢者がいる家庭まで幅広い世代で活用されるようになりました。

そして、ウォーターサーバーはサーバーを設置すれば、後はボトルセットのみでいつでも簡単に新鮮なお水が飲めることが特徴です。

ウォーターボトルがなくなれば業者が家まで届けてくれるので、重いペットボトルを持って家に帰る必要もありません。

また、いちいちお水を冷蔵庫で冷やしたり、ポットでお湯にする手間隙が省けます。

実はお得なウォーターサーバー

ウォーターサーバーの便利さや機能は分かったけど結構高そう」

ウォーターサーバーを初めて知る人は、サーバー代やボトル代などの費用面が心配になると思います。

実は、ウォーターサーバーはかしこく選べばペットボトルのお水を買うよりも安上がりで、
お店でわざわざ買うよりもお得な場合が多くあります。

例えば、ボトル代は平均で12L1500円前後です。
これはペットボトル500ml分だと、約60円程度です。スーパーで買うと100円前後することを考えると
かなりお得なことが分かります。

また、24時間電源を入れるウォーターサーバーは電気代が高そうというイメージがありますが、種類によって異なりますが実際は1.000円前後と言われていて、電気ポットよりも安上がりなのです。

これ一台で冷水にも温水にも出来るウォーターサーバーは、総額費用を考えてもかなりの節約になります。

このページの先頭へ