ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーを稼動するためには、基本的に24時間電源をつけ続けなければいけません。

ウォーターサーバーは水代、サーバー代を含めペットボトルよりも圧倒的にお得ですが、維持費としての電気代が高ければ損をしてしまう可能性もあります。

ウォーターサーバーを選ぶときは、ボトル代、サーバー代などの必要経費に加え、電気代などの維持費もプラスして選ぶ必要があります。

電気ポットの電気代と比べると?

では、ウォーターサーバーの月々の電気代はいくらくらいになるのでしょうか?

製品によって異なるものの、平均して1000円前後の電気代がかかると言われています。これを同じく24時間稼動でお湯を沸かす電気ポットと比較してみましょう。

電気ポットの月々の電気代は平均1000円前後。つまり、ウォーターサーバーとほぼ同額なのです。

ですが、熱湯から冷たい冷水まですぐに楽しめるウォーターサーバーは1台2役で電気ポットよりも機能性が高いことがわかります。

同じ電気代を払うならどちらがお得か一目瞭然です。

このページの先頭へ