RO水と天然水の違い

近年の健康志向の人の増加でお水に対する関心も高まってきました。 そのため、手軽に美味しいお水が楽しめるウォーターサーバーは各家庭で広く使用されています。

その中でも各業者のこだわりが顕著で現れているのが、水の処理過程の違いによる特色です。

中でもRO水と天然水はその違いによる特色がまったく異なるため、どちらを選べばいいのか迷う方も多いのが現状です。

以下では、RO水と天然水の特徴をまとめています。

RO水の特徴

RO水とは、「RO膜」(逆浸透膜)という1000万分の1mmの極小浄化孔フィルターによって水中の不純物の一切を取り除いた安全性の高い水です。

この技術はNASAで開発され、ダイオキシンや大腸菌O-157などの微小な化学物質なども完全に除去することができます。

このRO膜でろ過された水は日本人の口に合う軟水のため、苦味などを感じないさわやかな口当たりの水です。

ただ、RO膜でろ過した水はもともと含まれているミネラル分も取り除いてしまうため、悪くいえば淡白で、平坦な味になってしまいます。

製品によっては人工的にミネラル分を配合しているものもあります。

代表的なものは、ワンウェイウォーターアクアクララアルピナウォータークリクラなどがあげられます。

天然水の特徴

天然水(ナチュラルウォーター)はいわゆる、採取した天然のままの水という意味です。

しかし、採取してそのまま届けられるわけではなく、ろ過や加熱殺菌などのシンプルな処理による不純物の除去を行った後、ボトル詰めされます。

天然水の最大の魅力は、自然の恩恵をそのまま受けることができる点です。

水中にはミネラル分が豊富で、独特の風味や味わいなどの特徴があります。水の味にこだわりがある人には選ばれています。

代表的なものは、オーケンウォーターなどがあげられます。

RO水と天然水はどちらを選べばいい?

では、RO水と天然水、どちらを選べばいいのでしょうか?

大切なのは、あなたがお水に何を求めているかということです。

できるだけ自然に近い水や水の味を楽しみたいという方や栄養豊富な水が飲みたい方は天然水、衛生面を考え、少しでも安全性の高い水が飲みたいという方にはRO水がおすすめです。

また、価格で比較するとRO膜でろ過したRO水の方が天然水に比べて、比較的安価のようです。

水に求める条件と価格などを総合的に考えて、賢こく水を選びましょう。

このページの先頭へ