引っ越しの時、ウォーターサーバーはどうすればいい?

引っ越しが決まった時、ウォーターサーバーをどうするべきでしょうか?

今使用しているメーカーやサーバーが気に入っていて変更したくない場合は、そのまま継続ということでもいいでしょうし、これを機に新しいメーカーと新規契約するのもいいかもしれません。

各メーカーで詳細は異なりますが「引っ越しキャンペーン」なるものもあるので、 賢く利用しましょう。

ここでは引っ越しの時のウォーターサーバーを取り扱い方について詳しくご紹介していきます!

引っ越しの際の対応は各メーカーによって異なる

いざ引っ越しが決定した時にまず決めないといけないのは、今契約しているウォーターサーバーをどうするかという点です。引っ越しの際の対応は各メーカーによって異なります。

ワンウェイウォーター 要問い合わせ
アルピナウォーター 要問い合わせ
アクアクララ 要問い合わせ
お届け先変更は販売サイトから可能
オーケンウォーター 問い合わせフォームから住所変更が可能
クリクラ 要問い合わせ

ただ、各メーカーのサイトを確認しても、引っ越しの際の詳しい対応についてはほとんど書かれていませんでした。

基本的には、同じメーカーを継続使用する場合は自力で持っていくか、引っ越し業者にお願いして持って行ってもらい、 住所変更を各自で行う必要があるようです。

ウォーターサーバーは継続か、新規契約するべきか?

引っ越しの時はウォーターサーバーはした方がいいのでしょうか? それとも新規契約した方がお得なのでしょうか?

継続するメリットとデメリット

まず、ウォーターサーバーを継続するメリットは、「住所変更さえ済ませば、面倒な手続きがいらない」という点です。

引っ越しを機に新規契約をするとなると、

  • 解約手続き
  • ウォーターサーバーの引き取り
  • 新規契約
  • ウォーターサーバーの設定

などの作業が必要になり、正直引っ越しだけでも大変なのに負担がかなり大きくなってしまいます。

継続利用だとウォーターサーバーを持っていき、あとは「住所変更」をすればいいだけなので、 引っ越し時の負担を少しでも減らすことができます。

ただし、引っ越し先が現在契約しているメーカーの「配達地域内」かどうかは必ず確認しておきましょう。 せっかく持って行っても、配達地域に入っていなければ、お水を届けてもらえません。

新規契約するメリットとデメリット

引っ越しを機にウォーターサーバーを新規契約する場合、 ほとんどのメーカーで「新規契約キャンペーン」を実施しているため、 お得にウォーターサーバーを使用することができます。

  • 景品のプレゼント
  • ボトル代が数か月無料

デメリットは、先ほども言いましたが解約から新規契約までの手続きが負担になることがあるくらいでしょうか。 数年同じメーカーのサーバーを使用している場合は、心機一転新しいサーバーに変えるのもいい選択かもしれません。

引っ越し先に行っておく下準備

引っ越し先にウォーターサーバーを運ぶ場合、自力でも引っ越し業者でも前もって「水抜き」作業を行いましょう。 この「水抜き」作業を怠ると、持ち運ぶ時に水漏れやサーバーの故障の原因になりかねません。

水抜きの方法は、各メーカーに問い合わせ際に教えてもらってもいいと思います。

このページの先頭へ